SC、インターネットで助けを求める人々に圧力をかけないよう政府に命令

COVID-19 のパンデミックによって引き起こされた前例のない危機を考慮して、最高裁判所は、インターネットで助けを求める人々に圧力をかけることを政府に命じました。 どんな圧力も最高裁判所の侮辱と見なされます。

市民がソーシャルメディアで苦情を伝えた場合、州は情報を取り締まるべきではないと最高裁判所は今日、Covidの急増の真っ只中に述べた. 裁判所は、「市民が州から嫌がらせを受けている場合、これを侮辱として扱います。

広告

パンデミックの間、国家的に重要な問題のみが審理されると、DY Chandrachud判事が率いるXNUMX人の特別法廷は述べた。

ベンチは、コロナ危機に対処するための国家政策についてセンターに質問しました。

財務の詳細について、裁判所は中央政府に、昨年ワクチンにどれだけの費用が費やされたかを尋ねました。 ワクチン会社に支払われた前払い金はいくらですか? 裁判所はまた、政府に対し、国内の入院費の規制に関する国家政策を策定するよう求めました。

審理中、裁判所は、情報の自由な流れを制限する政府による市民に対する措置は裁判所によって許可されないと述べた. 市民の声に耳を傾けるべきであり、その声を抑圧してはならない」とベンチは述べた。

国内の酸素不足に関して、裁判所は中央政府に対し、インドでの酸素の利用可能性は、8500 日あたり XNUMX MT の平均必要量を満たすのに十分かどうかを尋ねました。

***

広告

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

セキュリティのために、Googleの対象となるGoogleのreCAPTCHAサービスの使用が必要です 個人情報保護方針 および 利用規約.

私はこれらの条件に同意します.