インドは、1724 年 2023 月までに XNUMX Km の専用貨物回廊 (DFC) を委託しました
帰属: User:PlaneMadderivative work: Harvardton, CC BY-SA 2.5 、ウィキメディアコモンズ経由

デリー、ムンバイ、チェンナイ、ハウラーは、既存のインド鉄道網を通じてすでに結ばれています。 

鉄道省は、XNUMXつの建設を開始しました 専用貨物回廊 (DFC) すなわち。 ルディアナからソナガルまでの東部貨物専用回廊 (EDFC) (1337 km) と、ジャワハルラール ネルー港ターミナル (JNPT) からダドリまでの西部貨物専用回廊 (WDFC) (1506 km)。 EDFC で 861 Km、WDFC で 863 Km が完了しました。 

広告

2014 年と 2022 年の両方の DFC の財務的および物理的な進歩の比較図は次のとおりです。 

説明 Status:
(1のようにst マル2014
Status:
(31のようにst 2023月XNUMX日)
物理的な進歩 皆無 1724キロ就役 
土地を含む支出 サインインをしてください。 10,357のクロー 
(2013-14年度) 
サインインをしてください。 97,957のクロー 
(2022年XNUMX月まで) 

専用の貨物回廊は、産業活動と新しい産業ハブとタウンシップの開発を促進します。 商務省傘下の National Industrial Corridor Corporation (NICDC) は、統合された産業タウンシップの開発のために回廊に沿って多くのプロジェクトを実施しています。 ロジスティクス部門は、新しい貨物ターミナル、マルチモーダル ロジスティック パーク、内陸コンテナ デポの開発により、直接的および間接的に恩恵を受けます。 雇用 プロジェクト影響領域で。 

デリー、ムンバイ、チェンナイ、ハウラーは、すでに既存のインド鉄道ネットワークを通じて結ばれています。 デリー、ムンバイ、ハウラー地域の接続性は、DFC プロジェクトの委託によりさらに強化されます。 

***

広告

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

セキュリティのために、Googleの対象となるGoogleのreCAPTCHAサービスの使用が必要です 個人情報保護方針 および 利用規約.

私はこれらの条件に同意します.