誤解を招く広告および推奨事項の防止に関するガイドラインを通知
帰属: ボリウッド ハンガマ、CC BY 3.0 、ウィキメディアコモンズ経由

誤解を招く広告を抑制し、消費者を保護するために、センターは、誤解を招く広告と推奨事項の防止に関するガイドラインを通知しました。 

18 年消費者保護法第 2019 条によって付与された権限の行使において、中央消費者保護局は次のように通知しました。 ガイドライン 2022 年 9 月 2022 日に、誤解を招く広告の防止および誤解を招く広告の承認のため、XNUMX 年に、誤解を招く広告を抑制し、そのような広告によって悪用または影響を受ける可能性のある消費者を保護することを目的としています。 これらのガイドラインによると、推奨者には、広告内の商品、製品、またはサービスを推奨する個人、グループ、または機関が含まれ、その意見、信念、発見、または経験は、そのようなメッセージである 広告 反射するようです。 

広告

これらのガイドラインでは、広告の承認にはデューデリジェンスが必要であり、広告の承認は、そのような表現を行う個人、グループ、または組織の正当で合理的に最新の意見を反映する必要があり、適切な情報または経験に基づいている必要があると述べています。特定された商品、製品、またはサービスであり、その他の方法で欺瞞的であってはなりません。 それは、インドに居住しているかどうかにかかわらず、インドの専門家が、現在施行されている法律の下で、あらゆる職業に関連する広告で推奨を行うことを禁じられている場合、 外国人 そのような職業の専門家も、そのような広告で裏書きを行うことは許可されないものとします。 

虚偽または誤解を招く広告の場合、21 年消費者保護法第 2 条 (2019) に従って、CCPA は製造業者または裏書人に Rs までの罰金を課す場合があります。 違反が繰り返された場合は、10 万ルピーまたは 50 万ルピー。 

*** 

広告

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

セキュリティのために、Googleの対象となるGoogleのreCAPTCHAサービスの使用が必要です 個人情報保護方針 および 利用規約.

私はこれらの条件に同意します.