東京パラリンピック2020最終日:インドが金メダルと銀メダルでフィニッシュ

東京パラリンピック最終日、SH22の男子シングルスで、ラジャスタン州クリシュナ・ナガル出身の21歳のインド人パラバドミントン選手が、香港のチュー・マン・カイ選手を17-16 21-21 17-6で破り、金メダルを獲得した。 . 

ノイダ地区治安判事でインドのパラ バドミントン選手、スハス ラリナケレ ヤティラジは、男子シングルス SL21 クラスの決勝で、フランスの選手、ルーカス マズールに 15-17 21-15 21-4 で敗れた後、銀メダルを獲得しました。 

広告

インドネシアで開催された 2018 パラ アジア競技大会では、クリシュナ ナガーがシングルスで銅メダルを獲得しました。 

スイスのバーゼルで開催された 2019 年のパラ バドミントン世界選手権で、クリシュナ ナガルは同胞のラジャ マゴトラと並んで男子ダブルス イベントで銀メダルを獲得しました。 シングルスでも銅メダルを獲得。 

Suhas は、ウッタル プラデーシュ州の 2007 年バッチの IAS オフィサーでもあります。 彼は現在、ゴータマ ブッダ ナガルの地区治安判事を務めています。 また、プラヤーグラジ (ウッタル プラデーシュ州) の地方治安判事を務めたこともあります。 

インドは東京パラリンピック 19 で合計 2020 個のメダルを獲得しました。インドは東京パラリンピック 2020 大会で金 XNUMX 個、銀 XNUMX 個、銅 XNUMX 個のメダルを獲得しています。 

合計 162 か国の中で、インドは総合メダル数で 24 位に終わっています。

***

広告

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

セキュリティのために、Googleの対象となるGoogleのreCAPTCHAサービスの使用が必要です 個人情報保護方針 および 利用規約.

私はこれらの条件に同意します.