「世界銀行はインダス水条約(IWT)を私たちのために解釈することはできません」とインドは言います
帰属: Kmhkmh、CC BY 3.0 、ウィキメディアコモンズ経由

インドは、世界銀行がインドとパキスタンの間のインダス水条約 (IWT) の条項を解釈できないことを繰り返した。 インドの条約の評価または解釈は、条約の違反を是正するための段階的な段階的アプローチです。  

この明確化は、ハーグの仲裁裁判所で進行中の「インドとパキスタンの間のインダス水条約 (IWT)」に関する手続きに関連して行われたもので、インドは参加しておらず、ボイコットしています。  

広告

代わりに、進行中の条約違反を是正するために、インドのインダス コミッショナーは先週 25 日にパキスタンのカウンターパートに通知を発行しました。th 2023 年 1960 月 12 年の条約の修正のため。この通知は、パキスタンに政府間交渉を開始する機会を提供するために発行されました。 インドは、条約第 3 条 (90) に基づく州際二国間交渉を 25 日以内に開始する適切な日付を求めました。 明らかに、インドのXNUMXの通知th 2023 年 XNUMX 月は、世界銀行ではなく、パキスタンに対するものでした。 

このように、現在、インダス水条約 (IWT) 違反の是正のための 12 つの並行プロセスが進行中です。 3 つは、パキスタンからの要請を受けて世界銀行が開始したハーグの仲裁裁判所です。 インドはこのプロセスに参加しておらず、これをボイコットしています。 第二に、条約第 25 条第 XNUMX 項に基づく政府間の二国間交渉。 インドは先週 XNUMX 日にこれを開始しましたth 1月。  

XNUMX つのプロセスはいずれも条約の関連規定に基づいていますが、インドの条約解釈は、両国間の紛争解決の段階的なプロセスまたは段階的なメカニズムです。 これに向けて、インドはすでに二国間交渉のためにパキスタンに通知を出しています。  

一方、パキスタンは世界銀行に直接仲裁を要請し、世界銀行はそれを認め、手続きが進行中です。  

明らかに、二国間で紛争を解決するための XNUMX つの並行プロセスを持つことには問題があります。 これは、数年前に世界銀行自身によって認められました。  

1960 年のインダス水条約 (IWT) は、インダス川とその支流で利用可能な水を使用するためのインドとパキスタン間の水分配条約です。  

***  

広告

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください

セキュリティのために、Googleの対象となるGoogleのreCAPTCHAサービスの使用が必要です 個人情報保護方針 および 利用規約.

私はこれらの条件に同意します.